家の中の雰囲気が悪くて家出したかった

私が家出をしたいと思った時は、家の中の雰囲気がとても悪かった時でした。私の両親が毎日のようにケンカをして、叫んだり言い争っている姿を見て、精神的に耐えられなくなったのです。 私がまだ中学生の頃の話ですから、実際に家出をしても行くところもないですし、どこかに泊まるほどのお金も持っていませんでした。それでも家の中にいるだけで気分が悪くなる状態が長く続き、本気で「家出したらどんなに楽だろう...」と、毎日のように考えていました。 失敗しない探偵事務所を関西で探すなら原一